読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

運気アップにいいことだけするブログ♪

たのしく・のんびり・気分よく♪ 運気アップにいいことして自分もみんなもハッピーになれるようアレコレ書いてます。

03/12(日) 解放ワークを 満月の日にしてみる

f:id:shou-fuku:20160323174951j:plain

2017年3月12日(日)23:55 に満月になります。
満月におこなうと良いとされることの、ひとつに「手放す・解放」があります。

手放しワーク / 解放ワーク / 満月のリリース / 満月の願いごと など、呼び方が色々ありますが、「自分のマイナスの感情・出来事と、サヨナラしましょう 」という内容のものです。

満月から新月までの、月がやせていく時期は、 いらないもの・手放したい感情・思い出などマイナスのものを手放すと、スムーズに手放せる時期なんだそうです。

" 新月の願いごと " のお願いごとが叶っている人たちも、この満月の手放しワークをしているそうなので、私も始めたいと思います‼

どんな方法かは、とても簡単♪

● 「満月の解放ワーク」のやり方・手順


    1. 毎月訪れる満月の日にち ・ 時刻をチェックする
      ボイドタイムと重なっていないかも、チェックする
      重なっている場合は、その時間帯におこなうことを避けた方が良い
      ▼ 満月・ボイドタイムは こちらのページで確認いただけます

    2. ブルーの紙を用意します
      紙は何でもよいそうですが、ブルーの色の紙が良いそうです。
      ブルーは、浄化作用を持っていて、気持ちを冷静に落ち着かせてくれる色なので、感情を整理し心の中をクリアにすることができるそうです。

    3. ペンを用意します
      ペンは、特に指定が無いようです。できれば、" 解放ワーク専用 " のペンを決めて、使用することをオススメします。インクの色も、指定が無いので黒でOKのようです。

    4. 書くタイミング
      いろいろな考え方がありました。
      満月になってから行った方がいいのかな、と個人的には思います。
      • 満月になってから新月になるまで、いつでもOK
      • 満月の前後24時間以内
      • 満月になってから24時間以内
      • 満月になってから48時間以内(8時間以内が最強)

    5. ブルーの紙に開放するもの・ことを書きます
      文字は丁寧に書かず、汚くなっても良いです。調べたところ2パターンの書き方があったので、両方ご紹介します。

      【 パターン A 】
      • 心のモヤモヤ / 嫌な思い出 / 許せない・嫌いな人のこと / 愚痴・悪口 など書く。
      • 具体的に書くと、スッキリ自分の気持ちを整理できます。
      • 紙に書けるだけ、いくつでも書いてOK
      • 紙のスペースが足りない場合は、紙の裏側にも書いてOK
      • 紙の表側の下の部分に、日付を記入する。

      【 パターン B 】
      • 手放したい感情・物事を、箇条書きで10個 書く。
        例: 私は〇〇を手放しました / 私は彼への未練を断ち切りました / 私は夜更かしをしません
        宣言をするように、または手放した後の形で書くのがコツです。
      • 書き終わったら、  ◯月◯日 ◯◯◯◯(あなたの名前)  と書く。

● 書き終えたら…


こちらも2パターンのやり方がありましたので、それぞれをご紹介します。

【 パターン A 】
書いた内容を二度と見返さず、  「今までありがとう!  さようなら!」 と感謝しながらビリビリに破きます。グチャグチャに丸めてもOKです。
「さようなら!今までありがとう! 私は新しい自分に生まれ変わります! 私は自由です!●●さんを許します」と、アファメーションを言ってからゴミ箱に捨てます。

【 パターン B 】

書いたことを、声に出して読み上げる。声に出して読み上げたあと、感謝の気持ちを込めて「私は、生まれ変わりました。今までありがとう。」と言います。
書いたことが消えていくようなイメージを高めると、効果も高まります。
そして、その紙をビリビリに破って、ゴミ箱に捨てます。

以上で、解放ワークは完了です♪


 
参考ページ
serendipity-japan.com